×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

どもり治すの知恵を究明

どもり治すの知恵を究明

どもり治すの知恵を究明

最近、知り合いにどもりの友人がおり、今後のことが心配だから、インターネットで検索してみると、どもり治すの知恵を究明について悩まれている方が多い。他にも就職活動や子供のどもり・・・などそのような悩みに深刻に悩まれている方が多いようです。

しかしながら、どもり治すの知恵を究明について悩む前に、最近ではいろんな解決法、情報があるということを知っていただければと思います。例えば、以下のような実経験に沿った手法など参考にされてはいかかでしょうか?

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック

●ネットにいろいろとある吃音治療ガイド販売サイトですが、そのなかで良品の物、ま....
ネットにいろいろとある吃音治療ガイド販売サイトですが、そのなかで良品の物、または、信頼できる物を教えてください。また、歌を歌うと吃音が軽くなると聞いたのですが本当でしょうか?自分は、中学の頃は吃音ではありませんでした、しかし高校に入ってから吃音〔難発〕になりました。高校に入ってから、音楽の授業がなくなったので、まったく歌わなくなりました、もしかしたらそのせいもあるかもしれませんが。大学に入ったら、演劇とか合唱、コーラスなどの部活に入ってみようと思っています。
続き

吃音の最近の治療方法とは

どもり治すの知恵を究明

日本ではまだ一般的にも吃音は、緊張からくる「癖」という認識が強い事から、病気なのに軽視されがちなので、つらい思いを抱える方はたくさんいます。

ですが、専門的な治療を行える医師や、言語聴覚士がいる病院がとても少ないです。
どもりで悩む方は、治療したくとも、どうすればいいのかさえ解らないといった事も少なくない事でしょう。

また、吃音の研究を専門にする方も、あまりに少ないので、有効な治療法や、原因究明が為されていないのが現状です。

ですが、最近日本以外の国では、研究により様々な事例が発表されているそうです。

例えば、日本では今でもよく使われている「発音療法」や「呼吸療法」なども、これのみを重点的に行うのは、時代遅れだといわれ始めています。

これは、吃音の原因には、様々なタイプがあり、万人に有効な治療法などは、存在しないという研究結果がでた為です。
この事から、吃音症の患者1人1人の様態に合わせた、治療が必要といわれています。

またこの治療方法も、単一療法のみの治療では意味がありません。
症状に応じた色々な療法を、セットで用いるなどした、統合的なアプローチが行われるようになってきています。

脳科学的な研究成果については、まだこの中に取り組まれていませんが、これが有効ではないという訳ではないようです。

これらの研究事例が、日本でも浸透し、積極的に取り入れられるにはまだ時間が必要かもしれませんが、少しでも早く反映されれば、吃音症で悩む方の不安も、ぐっと減る事でしょう。

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック